読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS6 に MySQL+Mroonga を mysql-build 経由でインストールする

前提
ハマったこと

2.5. CentOS — Groonga v5.0.6ドキュメント を見ると

% sudo rpm -ivh http://packages.groonga.org/centos/groonga-release-1.1.0-1.noarch.rpm
% sudo yum makecache
% sudo yum install -y groonga

するのみでよいと書いてありますが、鵜呑みにして Dockerfile に

RUN rpm -ivh http://packages.groonga.org/centos/groonga-release-1.1.0-1.noarch.rpm && \
       yum makecache && yum install -y groonga

と書くだけでは mroonga の configure がうまくいきません。
mroonga は pkg-config で groonga, groonga-normalizer-mysql を探したがっているので、
groonga.pc が含まれている groonga-devel パッケージも同時に install する必要があるのでした。
groonga-normalizer-mysql についても同様です。

RUN rpm -ivh http://packages.groonga.org/centos/groonga-release-1.1.0-1.noarch.rpm && \
       yum makecache && yum install -y groonga groonga-normalizer-mysql groonga-devel groonga-normalizer-mysql-devel

参考になりました: MySQL 5.5 に mroonga を組込む - 飛光よ、飛光よ